2009年06月07日

第3回 レバレッジ効果とは

FXの大きな特徴の一つがレバレッジを使うことができる点です。
よく言われるのが、『レバレッジとはてこの原理と同じ』ことです。

小さな力で大きな物を持ち上げるというのがてこの原理ですが、FXもそれと同じで、少ないお金を証拠金として預けるだけでその金額を何倍も上回る金額の取引をすることができます。

1万円しか持っていなくても、レバレッジ100倍を使えば100万円分取引できます。
100万円分と言えば、米ドル円1万通貨(1ロット)ぐらいの金額に相当します。

レバレッジによって、利益は増大させることもできますし、逆に損失も大きくなるので掛ければ掛けるほどリスクも大きくなって来ます。

しかし、デイトレードなどであれば短時間の取引なのでハイレバレッジでも大丈夫ですし、株などと違って為替は『1銭』単位で動くので、一日に10円も20円も動くことはまずないのでリスクを考えながら少しレバレッジを掛けてやるという程度でちょうど良いのです^^

従来は400倍ものレバレッジをかけることもできたのですが、金融庁の規制によってもうすぐ25倍程度にまで抑えられるようですねー。
私の使っているサイバーエージェントFXなら200倍までのレバレッジを使うことができるので、デイトレードやスイングトレードにピッタリですよ^^

ちなみに400倍のレバレッジはさすがに掛け過ぎです、初心者の間は100倍以下、できれば10倍ぐらいに抑えておくのが無難ですよ^^;
タグ:初心者入門
at 15:09 | Comment(2) | SEO
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。