2009年06月27日

大やけどは絶対に避ける

昨日は上下へ細かく乱高下をしながらも値段を切り下げて行く通貨ペアが目立ちました。
週末ということもあって、粘って監視を続けていたのですが私はこのような動きにすごく弱いので結局一度もトレードすることなく終わることになりました。

自分の得意なパターン、不得意なパターンを見つけ、苦手なものは徹底的に避けるというのも重要なトレード方法の一つかもしれません。

NZランドがGDPの発表の後大きな急落になりましたが、リバウンドもなく揉み合い状態に入ってしまったので、もう一段下へ行きそうな気がしますが、やっぱりNZドルはスプレッドが大きいので手が出しにくいです^^;

私がいつも見ている為替ブログ村ではNZドルと豪ドルが同じ括りになっているのですが、NZドルと豪ドルの相関性って強いのでしょうか?

もしそうなら、代わりに豪ドルをショートしてみるのもいいかもしれませんね^^

ランキングサイトに登録しています。
少しでも参考になった方は1クリックお願いしますm(_ _)m
為替ブログ村(今日もありがとうございました^^)

at 15:16 | Comment(2) | 金融
この記事へのコメント
相関性は、下記を参照されると良いですよ。
http://www.nttsmarttrade.co.jp/market/correlation.html
Posted by mh at 2009年06月28日 19:09
NTTスマートトレードのページなのにデータはセントラル短資さんの提供のようですね^^;

しかし、NTTさんのページは他の情報も充実していてとても参考になりますね、良いページを教えていただいてありがとうございました^^
Posted by FXおじさん at 2009年06月28日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。