2009年09月08日

ユーロを眺めていただけ

昨日はレーバーデーの休日で、アメリカとカナダの市場がお休みでした。

為替市場は関係なしに動き続けていましたが、メインプレイヤーのアメリカが休みとなれば相場の動きも軟調になってしまうのは仕方ないと思います。

そういうことで、昨日は米ドルがあまり動かないことを利用して、ユーロドルを中心にトレードしようと思っていたのですが、クロス円は少し円高が進んだものの、ほとんど動きはありませんでした。

特に私の目を付けていたユーロドルはずっと横
結局昨日は、少し仕掛けられそうな所でユーロドルのショートをしましたが、すぐに戻って来たので同値で逃げておしまいとなりました。
最近忙しさもあって、積極的なトレードや大きな利益を上げることができない状態ですが、ここで焦っては相場の思うつぼとなってしまうので、マイペースで頑張りたいと思います^^

今日から休日明けで、アメリカの大手証券やファンドなども参戦してくると思いますが、私はどちらかと言えば反発予想です。
これは私が考える心理の予想なのですが、休日明けから抱えているポジションを売るのであれば、休日前に処分する場合が多いのではないかと思います。

特に、ロングポジションの決済などは、休み明けに決済するよりも、休み前に決済して、ノーポジションで迎えたいと思うのが普通でしょうから^^

ランキングサイトに登録しています。
少しでも参考になった方は1クリックお願いしますm(_ _)m
為替ブログ村

(昨日は人の方がクリックして下さいました、いつもありがとうございます^^)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。